鼻づまりを引き起こす要因|ハウスダストや花粉対策が肝心

自分に合う病院を選ぼう

聴診器

新宿には数多くの耳鼻科がありますが、その中で自分にあった病院を探したいのなら病院の治療方針や交通アクセス、医師との相性を確認しましょう。また、医療設備が整っている病院ならつらい症状もすぐに改善できます。

もっと読む

効果的な予防方法

医者

アレルギー性鼻炎の症状は鼻水やくしゃみ、鼻づまりです。ハウスダストや花粉などが原因で発症するので、部屋の掃除や換気をこまめに行ない、常にアレルギー反応が起こらないように努めましょう。

もっと読む

簡単に症状を改善する

診察室

鼻づまりは誰しもが風邪や花粉症などで経験したことがあるでしょう。一度鼻がつまるとなかなか改善しませんが、あらかじめ鼻を温めておくと、鼻水がスムーズに出るのですぐに面倒な症状から解放されます。

もっと読む

規則正しい生活をしよう

看護師

鼻づまりが起こる原因は人によって様々ですが、基本的には風邪やアレルギーによって引き起こされます。鼻の中に風邪のウイルスやアレルギー物質が入りこんで粘膜に張り付くと、体の防衛本能が働いてウイルスを体の外に排出しようとします。そのため、毛細血管が拡張して鼻腔が狭くなるので、鼻づまりの症状が起こるのです。また、ウイルス以外にも仕事や家庭で感じるストレスでも鼻がつまる場合があります。現代人は夜更かしや不規則な生活をしている人がたくさんいて、自律神経が乱れがちになってしまいます。自律神経の乱れは鼻の粘膜をうっ血させる要因になるので、規則正しい生活をしている人に比べて鼻づまりが起こる可能性が高くなります。万が一、規則正しい生活をしていて、風邪も引いていないのに鼻づまりが起こったら、別の病気を発症している恐れがあるのですぐに病院にいきましょう。

鼻づまりを予防するための方法はいくつかありますが、実践しやすい方法はマスクの着用です。室内と室外の温度差が激しい季節は、体が敏感になっているので突然鼻がつまる場合があります。そのため、外出時には必ずマスクを着用して、鼻周りの温度や湿度を常に一定に保つようにしておきましょう。また、ホットタオルで鼻を温めると、血の巡りが良くなってつまりが解消されます。鼻がつまっている時でも鼻水が出やすくなるので、鼻を温めるという予防方法は非常に効果的です。さらに、室内を清潔に保ってハウスダストを追い出したり、花粉を部屋の中に入れないように努めるだけでも鼻をつまらせない対策になるので、日頃から部屋の掃除はこまめに行ないましょう。